【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

建築家:前田敦 + 一級建築士事務所 前田敦計画工房[東京/新宿区] TEL:03-5937-5853

地盤調査結果に基づき、設計者、構造設計者、地盤改良業者との打ち合わせを行い 構造的な安全性に加え、コストバランスの観点を勘案し 「Σ-i工法」と呼ばれる翼付き鋼管杭を採用することになりました。 この工法による翼付き鋼管杭の効率的な配置の提案に対して 承認を行 ...

建築の土台とも言える地盤を知ることが丈夫で安心できる家づくりには欠かせません。 建設地の地盤状況を調査し、設計に反映させる必要があります。 木造住宅の場合には SWS試験(スエーデン式サウンディング試験)と言われる地盤の強度を調べる調査が一般的ですが、 今回は ...

地鎮祭の後 設計者と一緒に「地縄の確認」を行い 設計どおりの配置になっているかの確認を行います。 大地に張った縄で、位置や大きさが実寸で把握できるのですが この時が実は最も小さく見える時なのです! 人は空間の大きさを認識する際に 縦と横の比率で考えてしま ...

着工のスタート時に地鎮祭を行うことが多いです。 形式としては神道による地鎮祭が多く その地域の氏神様を祀った神社にお願いすることが一般的です。 地縁が希薄になってきた最近では、フリーの神主さんにお願いするケースが増えています。 費用は神主さんへ4万円〜6 ...

鉄筋コンクリート製の擁壁が出来上がった後に埋戻し、転圧により地盤を締め いよいよ宅地造成工事の完了です。 鉄筋コンクリート製の擁壁はしっかり乾けば、完成時より白くなります。 整地も済み、いよいよ建築着工の準備ができました。 ■建築家からのアドバイス  擁 ...

配筋検査にパスした後に型枠を完成させ、ようやくコンクリート打設です。 現場に運ばれてきたコンクリートの性能が仕様書とおりになっているかをチェックし 合格した段階で、打設スタートの指示を出します。 スランプ検査 空気量・温度 そして、この型枠で囲まれたス ...

傾斜地に造成された土地 擁壁により宅盤を支える場合には、信頼できる構造で擁壁を造り上げることが必要です。 擁壁は目に見える部分では「塀」のようにしかみえませんが その見える部分と同じくらいの大きさの基礎が必要です。 現場をご覧になると、基礎の大きさに驚くほ ...

スロープの家では、その特徴であるスロープの性格上どうしても動線が長くなります。 この動線の長さが「立体的なドッグラン」としてとても重要なのですが 人の生活上どうしても動線を短くして連続させることが必要な場合があります。 その場合は、スロープに併設して階段を ...

人、愛犬、愛猫が快適に暮らす共生住宅 それには、共用空間とは別にそれぞれの動線を用意してあげることが大切です。 特徴的なスロープは主として愛犬のために用意したものですが 人や愛猫も主要動線として活用します。 さらに愛猫には、人や愛犬に干渉されない独自の動線 ...

既存建物の解体や造成工事が進む中 建築計画は着々と進んでいきます。 私の場合は、計画のイメージスケッチと同時にコンセプトモデルの作成から着手します。 模型は目的やプロセスによって、作り方が異なります。 最初に作成する模型が白い模型が多いのは、空間イメージを ...

土地購入による引渡日を待って、解体工事に着手 既存建築物の図面がないために、目視できる部分での見積金額で解体工事契約を行い 今回は、既存建築物だけではなく、既存擁壁を含めた解体工事を行いました。 1)解体前 コンクリートブロック造でRC造地下室のある既存建築 ...

土地購入契約も済ませて、いよいよ計画も本格的にスタートです。 愛犬家住宅といえどもいろんなタイプがあります。 ブリーダーさんの愛犬家住宅 家族全員が愛犬が好きとは限らない愛犬家住宅 共働きで日中留守が多い愛犬家住宅 ペットサロンと併設する愛犬家住宅 そして、 ...

土地に関わる諸問題が解決し、 いよいよ仲介してくれた不動産会社で土地購入契約を締結することになりました。 土地探しからの家づくりを提唱する弊社としては、最初のハードルを乗り越えた瞬間でもあり ホッとしていると同時に、これから具体的に計画を進める気持ちが引き ...

新しく、より強固な擁壁で宅盤を安定させることになり 行政が提供している標準仕様の鉄筋コンクリート造の擁壁に造り替えることになる。 宅造コストが2/3以下に圧縮したとはいえ、高価であることは間違いないので それに見合ったメリットを創出するのが建築家の仕事です ...

お気に入りの土地情報だったのでクライアントさんも落胆されていましたが、 そこは一歩踏み出すことが肝要! 不動産会社に条件をもっと緩くして探してもらうように依頼する。 いろいろと情報は増えるのですが、なかなか断念した土地より魅力的なものが見当たらない 縁とは ...

↑このページのトップヘ