【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

建築家:前田敦 + 一級建築士事務所 前田敦計画工房[東京/白金]TEL:03-4500-2410

愛犬や愛猫と暮らす家では、留守中であってもエアコンをつけておく必要があります。 人もペットたちも快適に暮らすとなると、亜熱帯化している日本においてはエアコンのない生活はかなり無理が生じてきます。 そうすると電気代が気になるところです。 電力提供業者の自由 ...

1990年4月26日に創業し、本日、27周年を迎えることができました。 これもひとえに皆様からいただきましたご厚情の賜物と感謝しております。 特に力点をおいてきました「愛犬と暮らす家・愛猫と暮らす家」の設計・広報活動につきましては、多くのお客様やメディア ...

人も動物も生きていく上で必要な居場所 そんな居場所を用意してあげることが必要不可欠です。 でも、快適な居場所を意図して用意するというのはとても難易度が高いことです。 個体差もありますし、生活環境によっても異なります。 また、居場所と言っても目的により異なり ...

愛猫の爪とぎで壁がボロボロになるという悩みをお抱えの方がたくさんいらっしゃいます。 動物たちの扱いに精通されているプロの方ならば、愛猫に爪切りやしつけができますが 一般的な飼い主さんにはなかなかハードルが高いようです。 そんな愛猫家のためには建材での工夫も ...

愛猫と暮らす家で必ず考えなければならないのが「爪とぎ対策」です。 爪とぎといいう行為は愛猫の習性で、3つの意図があるようです。 1)古い爪を剥がして鋭い状態を保つ 2)匂いをつけて自分の縄張りをアピールする 3)ストレスを解消する そんな愛猫たちは、柱、壁の ...

国内最大級のペットと暮らしのイベント インターペット 【人とペットの豊かな暮らしフェア・・・ペットが選ぶ心と体の健康】に出展します。  日時:2017年3月31日(金)〜4月2日(日) 10:00〜17:00  場所:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール 今回は2会場での出 ...

私の設計している愛犬家住宅「スロープの家シリーズ」ではスロープの勾配を1/8としています。 つまり1m昇ぼるのに8mの水平距離を必要とする勾配です。 建築基準法では「階段に代わる斜路」の勾配を1/8以下と定めていますので、法令を遵守した勾配でもあるのです。 ...

キャットウォーク 高い場所や狭い場所に設けるメンテナンス用通路の名称ですが、 愛猫家住宅においては、その名のとおり「愛猫のための通路」です。 お利口な愛猫は設計者の意図を理解してくれて、引越し後、すぐに活用してくれたそうです。 スロープの家は主に愛犬のため ...

愛犬・愛猫のために設けた窓 低い位置に設けた窓とはいえ、愛犬・愛猫の個体差により目線の高さが異なります。 水平に設けた窓はスロープの傾斜によって窓までの高さが異なるので 愛犬・愛猫たちは好みの窓を見つけてくれるでしょう。 クライアントさんより送付いただ ...

人・愛犬・愛猫たちが一緒に暮らす そのためにもいろんな工夫が必要です。 イタズラ好きな愛犬・愛猫たちも食事やトイレは邪魔されずに落ち着いてしたいもの そのために考えたのが「トイレの立体分離」 こうすることで、排泄時の無防備な状態を保護することが可能になり ...

完成間近の住宅 クライアントさんに引渡す前に各種検査を行います。 1)工務店の現場監督さんの検査 2)工務店のチェック部門の検査 3)設計監理者による検査 4)クライアントさんによる検査 5)確認申請審査機関による完了検査 これらの検査をパスして、補修等が必要 ...

愛犬家住宅・愛猫家住宅の設計で気をつけているポイントの一つに 「愛犬・愛猫目線」の配慮があります。 人とは目線の高さが異なっているので、 スロープでの窓の位置やキャットウォークなどの通路の風景に配慮が必要だと思います。 愛犬の視線に配慮したスロープの窓は 人 ...

居のための原点とも言える屋根 雨や強い日差しを遮断し、安心して居住環境を創出してくれる重要な部位です。 その屋根を覆うガルバリウム鋼板の納まりは、板金屋さんとの綿密な打ち合わせで 端部の処理に特に繊細に対応してもらっています。 特に画像左上部分の垂直面と交差 ...

スロープの家・卍 (愛犬家住宅・愛猫家住宅) in YOKOHAMA         寒い日が続いておりますが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 このたび横浜市内に建築中の(スロープの家・卍)がほぼ出来上がり、お施主様のご好意によりましてオープンハウスを開催させていただ ...

高気密高断熱の住宅が今では一般化してきたように思います。 省エネルギーには欠かせないのですが、高気密であるがゆえに、木造住宅の場合は室内で発生した湿気が壁紙を通過して内部にまで入りこみ、そこで結露になってしまうことが多く見られます。 これがいわゆる躯体内結 ...

↑このページのトップヘ