【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

建築家:前田敦 + 一級建築士事務所 前田敦計画工房[東京/白金]TEL:03-4500-2410

一般的に宅地造成工事は土木工事に含まれることが多いです。 擁壁や擁壁兼用車庫等がそれに該当しますが、 車庫という用途が発生すると法規的には建築に該当します。 つまり土木機能を有した建築と言っても良いのでしょう。 宅地造成工事で造られた既存の擁壁兼用車庫を ...

都市部では厳しい高さ制限という規制により、空間を斜めに欠き取られます。 その結果、屋根裏部屋のような斜めの屋根の空間を創出することが多々あります。 特に、1.25/1という第二種高度斜線という規制下では 51.34度という急勾配の屋根?or壁?という「曖昧な存在」によ ...

「どんな建築を創りたいのですか?」とクライアントさんに聞かれたことがあります。 『境界の曖昧な連続した空間です。』と答えました。 自分の仕事を振り返ってみて、 外と内という対立概念を常に考えていたように思います。 壁で外を遮断するケースもあれば 屋外の樹木 ...

設計の中でも特に力点を置いている「ペットと快適に暮らす家」 そういった活動の事例を展示にてご紹介します。 一緒が楽しい ペットと快適に暮らす家 ペットは今や家族の一員であり、共に生きるパートナーとして都市、郊外を問わず人間の暮らしと共存しています。一世 ...

熊本ではかつて経験したことのない連続した大地震 ニュースではショッキングな映像とともに被災状況が報じられています。 熊本は新地団地という巨大なプロジェクトに関わったご縁で長年足を運んだ土地でもあり 見慣れた風景が崩壊している姿を目にすると心が痛みます。 そ ...

建築の力 それは 言葉の力 に通じているように思います。 人間が自分の行動や選択を決められるという「自由意志」は、 脳が作り出した一つの「幻想」であるという説が存在し、 脳科学の世界では、言葉には「幻想」を生み出す力があり 人々は その「幻想」に一喜一憂して ...

住宅を設計する際に大切にしていることの一つに「建築の品格」があります。 住宅が建つと、その建築のイメージはそこに住む人の品格を連想させます。 つまり、建築家は「施主の品格を司るイメージを創出する」という重要な任務を与えられていることになるわけです。 確かに ...

ゼロ・エネルギーを目指すことが欠かせない現代 照明のほとんどがLEDにシフトしたこともあり 空調システムの選択がそのキイポイントということになります。 愛犬や愛猫と暮らす人の多くは、この空調コストが頭痛の種のようです。 人は仕事や所用で家を空けることが多いで ...

昨夜、東京23区内でも小さな直下型地震がありました。 その直後、熊本でも巨大な直下型地震が発生しました。 3.11や阪神淡路に比べると地震規模そのものは小さいものの 震源が浅いために揺れはとても大きかったようです。 熊本は熊本市営新地団地の設計に携わったことか ...

家賃収入を自宅新築の一部に組み込みたいという賃貸併用2世帯住宅の計画です。 日影規制や高度斜線の厳しい条件下で計画を成立させるために 平面的にも断面的にも段状にズラした空間構成にしています。 1階の南側はお母様の自立した部屋を用意し、 プライバシーを確 ...

恒例となりました定例建築展 建築家31人×3works Vol.22を下記のとおり開催します。 建築模型、パネル展示のほか、トークショーや無料相談会も行っています。 ゴールデンウィーク後半の開催ですので、 横浜散策のついでに立ち寄ってみませんか? 日時:2016年5月6 ...

キャットウォークは欲しいけど、大規模なリフォームは無理 あるいは賃貸マンションなので改造は・・・ そんな悩みを解決出来る商品もあります。 強化ダンボールを使った簡単に組み立てのできる「ニャンダフル・シェルフ」はオススメです。 紙製のフレーム以外は自由に組 ...

屋内飼育が今や一般化してきた愛猫の生活環境の中で 立体的な移動は欠かせません。 ステップやキャットウォークはそんな愛猫の本能を満足させるアイテムで ストレスや運動不足解消ののためにも是非とも用意したいものです。 キャットウォークは幅10㎝〜15㎝もあれば身体能 ...

空間構成と植栽の配置で パッシブな熱環境コントロールが可能です。 涼気を醸成する緑や深い庇 温度差による空気の対流を生む吹抜け それらを実現するための断熱・遮熱性能 そんな組合せで、機械の依存を減らすことも大切な考え方でです。 ■ranking:設計・建築家 ...

中庭は魅力的な屋外空間ですが 夏の日射しは垂直に近い角度で入ってきますので そこでの日射し対策は必要になってきます。 シェードとなるオーニングを活用したり 樹木で木陰を作ったり 人と同様、愛犬達にも熱中症対策は欠かせません。 ■ranking:設計・建築家  ■ ...

↑このページのトップヘ