【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

建築家:前田敦 + 一級建築士事務所 前田敦計画工房[東京/白金]TEL:03-4500-2410

高圧線下の土地を断念し、ネットと不動産会社とを併用しながら 候補地を探す中で、気になる物件と出会いました。 ネットでクライアントさんが見つけた候補ですが、 ロケーション、広さ、土地形状、道路付け等の諸条件もいい 建築に関わる法規的条件も問題ない 現地に足を運 ...

愛犬や愛猫達との生活をより充実させたものにするための住み替えが目的なので、 東京23区から少し郊外の広めの土地を探すことになりました。 総予算の中から土地取得価格の目安等を打ち合わせ、 地域イメージ、広さ、交通条件、周辺環境等を整理し、 早速土地探しをスタ ...

・・・はじめまして。 HP内WORKSの中のスロープの家/愛犬家住宅の土地の大きさと建築費を参考までに教えてください。 犬のために住み替えを考えており、建築費用から土地の取得場所と大きさを考えたいと思っています。 宜しくお願い申し上げます。・・・ スロープの家を紹 ...

東京ガス株式会社の住宅関連企業向けのホームページで 弊社のペットと暮らす家づくりへの取り組みが紹介されています。 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ ペットと暮らす快適な住まい 2016/5/20号 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ...

恒例となりました建築家サロン in 自由が丘 vol.8 開催を開催します。 今回は会場をノックオンウッド自由が丘店に移し、 2週に分けてメンバーが交代で展示・相談を担当します。 日時:2016年 5月21日(土)    2016年 5月22日(日)        2016年 5月28日( ...

昨日から、約一ヶ月間 OZONEウェルカムプラザ(リビングデザインセンターOZONE 3F)にて 一緒が楽しい ペットと快適に暮らす家 に展示参加しています。 ペットは今や家族の一員であり、共に生きるパートナーとして都市、郊外を問わず人間の暮らしと共存しています。一世 ...

愛犬家といえど 匂いが気になることもあるし、干渉されない空間も欲しい・・・ そして 完成して住んでみたけど、匂いが気にならないです。 愛犬と快適に暮らす工夫が随所に見られ、 希望の一人の時間を楽しめるオーディオルームも快適です♪ 帰宅がいつも深夜になるの ...

都市居住においてプライバシーを確保する手法としては 中庭を囲んだ構成が効果的です。 周囲の視線を気にすることなく、 自分たちのライフスタイルを楽しみたい! という要望をカタチにしてみました。 コートハウス(中庭を囲んだ家)で 内部でも外部でも立体的に回遊で ...

ペットの専門店コジマのフリーペーパー PETS NAVI 2016春夏号VOL.7 「特集:ペットと暮らす」 に連載(3回)することになりました。 電子ブックはこちら>>> 連載1回目の今回はP46〜P47で 愛犬住宅のツボは床づくりにあり という記事を載せています。 家族の一員で ...

OCEANS  2016年6月号で スロープの家(SPAIRAL COURAT)がP280〜P281で紹介されています。 住よく業を制する  OH!家事情(55軒目) 前代未聞のペットッ共生住宅 http://oceans.tokyo.jp/flashbook/newissue/201606.html 右下の記事 スロープで家中を自由に走り回る ...

1990年4月26日に創業し、本日、26周年を迎えることができました。 これもひとえに皆様からいただきましたご厚情の賜物と感謝しております。 今後も質の高い設計監理活動に加え、メディア、シンポジウム、セミナー等で情報発信を続けていきたいと思いますので、今後 ...

新国立競技場のような巨大な建築 大病院のように常に高度な進化をし続けている建築 工業製品としての効率を追求した建築 収益性を追求し続ける分譲マンション建築 一戸建ての住宅・・・ 建築といっても、多様な分野があります。 そしてそれに関わる建築家も多分野に渡ります ...

ペット共生住宅セミナーのご案内 ペット共生住宅を手がける中で、体験した問題点や工夫を事例に基づいて解説していきます。 少子高齢の社会のいま、ペットの飼育世帯数は増加傾向にあります。その存在は、共に生きるパートナーであり、家族の一員のように認識されていま ...

一般的に宅地造成工事は土木工事に含まれることが多いです。 擁壁や擁壁兼用車庫等がそれに該当しますが、 車庫という用途が発生すると法規的には建築に該当します。 つまり土木機能を有した建築と言っても良いのでしょう。 宅地造成工事で造られた既存の擁壁兼用車庫を ...

都市部では厳しい高さ制限という規制により、空間を斜めに欠き取られます。 その結果、屋根裏部屋のような斜めの屋根の空間を創出することが多々あります。 特に、1.25/1という第二種高度斜線という規制下では 51.34度という急勾配の屋根?or壁?という「曖昧な存在」によ ...

↑このページのトップヘ