外部空間は内部空間と一緒に考える

一般的に住宅の間取りばかりに着目し、外構は後回しにされがちですが、屋外の部屋として考えなければなりません。したがって、 住宅の間取りと同時に外構も併せて計画することが重要です。
住空間とは、外部と内部の空間的連続性があって、はじめて成立 するものです。


awn4


●建物や周辺環境との調和
外構は、一般的に建物と周辺環境との接点となる住宅計画上、重要な場所です。せっかく素敵な住宅が建設されても、この外構が良くなければ住環境全体が台無しになるだけでなく、周辺環境との調和が無ければ、やはり優れた住宅とは言えないでしょう。
したがって、住宅および周辺の街並みとの関係性を配慮しながら、広い視点で住環境を計画していかなければなりません。

●材料、樹種の選定
素敵な樹木であっても、その土地の気候風土に合ったものでなければ、すぐ枯れてしまいます。素敵な岩を見つけても、自分の敷地に搬入できるか、また庭の規模に合うかどうか検討しなければ庭に配置することができません。
すなわち、外構計画では日照、通風、樹種、材料、植栽を施す時期等の自然との関係を配慮しながら総合的に考えていくことが重要です。

●維持管理
庭は生きていますので、植物は絶えず成長し、四季の変化という楽しみを私達に提供してくれます。そのため、庭の維持管理こそが最も重要な庭づくりであるといっても過言ではありません。  
植物の管理はもちろんですが、忘れがちなのが水の処理です。散水、雨水の処理をしっかり計画しておかないと、不要な水溜りができたり、散水が容易にできない等の問題が発生します。  
やはり、自然の摂理を配慮して、維持管理に不必要な手間がかからない様に配慮してください。
※手洗いの水処理を活かした水琴窟という日本独特の文化は、この水処理の最高傑作です。
800px-Shinshō_Gokuraku-ji_001

※外部空間の演出法 -2へ続く



logomac


■ranking:愛犬家住宅 ■ranking:設計・建築家