都市部の囲まれた環境の中で、周辺環境との緩衝帯となる中間領域を用意することで
プライバシーの確保された快適な生活空間が創出できます。

CIMG4865

周囲の視線を絶妙に遮る三角形に欠き込んだ壁が落ち着いた環境を提供してくれます。
CIMG4863


プライバシーを確保された中間領域に対して開放的な空間を配置しています。
ind01

天空からの太陽光を1階の部屋まで導くことで、周囲を気にすること無く採光を確保しています。
ind02



logomac


■ranking:愛犬家住宅

■ranking:設計・建築家  

■ranking:山口ブログ