免震構造

阪神淡路大震災を経験した後、急速に増えた構造形式です。

大地に接する部分(基礎もしくは中間階)と上層部を構造的に縁を切り、
その部分に免震アイソレーターというゴムとステンレスを積層した装置を設置した免震層を設け、大地の揺れを上層部に直接伝えることのないので、居住空間では激しい揺れを感じること無く、人命や財産を守ることができます。

高層マンションでの設計事例ですが、東日本大震災のときも大きな揺れを感じなかったそうです。
免震1

基礎の部分に水平なスリッドの下が免震層になっています。
免震2

高層マンションの免震しか手がけた経験が無いですが、
一戸建て住宅用の免震構造もあります。



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ