工事中に必要な費用


1)近隣挨拶 
 
 工事が始まると騒音や工事車輛の出入により、どうしても近所にご迷惑をかけ
 てしまいます。新築後も永いお付き合いをさせていただく人々ですから、事前
 に工事期間や建築規模等をお知らせする意味でも、ご挨拶に伺うべきしょう。
 ここで菓子折り等を持参するケースが必要になります。
 工事中のトラブルは工事業者で対応しますが、緊急時に備えて連絡先等を告げ
 ておくとよいでしょう。


2)地鎮祭、上棟式

 現在では省略される方も増加傾向にありますが、工事の安全、建て主の幸せを
 祈念する伝統的儀式として根強いものがあります。神式、仏式、キリスト教式
 等多種多彩ですので、工事担当者に相談するのが良いでしょう。
 費用としては、儀式の経費の他、神主さん等へのお礼や工事関係者への祝儀が
 必要になります。

d03433af

3)水道・ガス・電気・電話等引込

 上下水道工事では、敷地内の本管への接続工事費が別途必要になります。また
 下水道の整備されていない地域では、浄化槽工事が必要となります。
 ガス、電気、電話に関しても関連会社への申請や工事費等が発生しますので、
 事前に調べておくことが大切です。
 浄化槽工事の場合には、自治体によっては補助金を用意しているところもあり
 ますので、最寄の行政担当課へ問い合わせて下さい。




logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ