居間は戦後の住宅に登場してきた日本人にとって新しい空間です。
そして現在では、住宅には欠かせない空間であり家の顔のような存在です。

tcy10

そして時代と共に変容の激しい空間で、家庭の個性が現れる場所でもあります。
LDKも 「居間・食事室+台所」、「居間+食事室+台所」、「居間・食事室・台所」そして対面式台所を組み合わせたもの等多様です。

そこで、注意したいのが自分達のライフスタイルにあった居間にすることです。
個室が個人の空間であるならば、居間は家族の公的な空間です。
そして家庭内動線のターミナル(結節点)でもあるので、ここに居れば、家族の動きに目が届くように配慮したいものです。

一般的には、客間的な機能やパーティールーム的な機能も、持ち合わせますが、ホームパーティや来客の多いライフスタイルでなければ、家族が自然に集まれる場所でありたいですね。
ただし、食事や団欒等以外は、一箇所に集まるのではなく、居間の多様なスペースにそれぞれが気楽に居ることのできる、そしてその気配を感じ取ることのできる居間・・・というのも良いのではないでしょうか?
無理に一箇所に集まらなければ過ごせない居間というのは、現在の個人的な空間を重視する世代の人々には、なかなか、くつろぎ易い場所とは言えないのでは・・・

そんなわけで、他人の家の居間が素敵だったからといって、それを真似ると自分達のライフスタイルにそぐわない場所になってしまいますので、要注意!

「隣の芝生は青く見える」というように「他人の居間は良く見える」ようです。



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ