現在、ダイニングテーブルと椅子を使って食事をするケースが多いようです。このスタイルは、サービス側にも食べる側にも立ったり座ったりと言う負担が少なく、気軽に食事ができるので著しく普及してきました。
さらに、食事時間やライフスタイルの多様化に伴い、食事室だけに固定されず、多用な場所での食事を楽しむ傾向が強く、食事の場も多様化が見られます。

awn6

● 対面式カウンター
朝食・昼食はカウンターで行うことのできる空間で、時間に追われる現代人にとって欠かせない便利な空間。

● タタミリビング
冬の夜は、こたつを囲んで鍋料理を楽しみ、食後のそのまま「だんらん」に移りやすいという魅力的な場であり、日本固有のくつろぎ空間。

●テラス(ウッドデッキテラス)
アウトドア−志向が生活の中に定着しつつありますが、家庭内でのバーベキューパーティー等に使用されたり、天気の良い日には家族だんらんに使用される屋外空間。

●ミニバー
寝室やオーディオルーム等に設けられる場合が多く、睡眠前のくつろいだ時間を楽しむことのできる空間。

いろんな生活のシーンがイメージできると思います。



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ