健康志向が高まる中、サニタリー(衛生空間)に対する快適性の追求が進み次々と豊かな空間が創り出されています。
ここでは、身体的な健康はもちろん、精神的な健康を培う場として計画していくことが重要です。

● サニタリー(衛生空間)に求められる快適性
 ・ 清潔性
 ・ 安全性
 ・ 利便性
 ・ 空間性


1)サニタリー(衛生空間)
欧米では、ワンルームにまとめられた「浴室・洗面所・トイレ」が寝室に隣接しているため、寝室が脱衣室となり、洗面所という独立した部屋がないようです。

awn10
  
我国においては、一般的には脱衣室と兼用するケースが多く、脱衣洗面室ともいわれます。
マンション等では、洗濯室をも兼用する場合が多いようですが、生活時間や生活様式の多様化に伴い、プライバシーを優先させるべき洗面所を、家事空間である洗濯室と兼用するのはできたら避けたいものです。

設計のポイント
●通風、採光に配慮する。
●浴室との連続性を配慮する。



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ