機能性、快適性、安全性から洋式トイレが一般化しています。
さらに、快適性の追求から洗浄便座、暖房便座等も普及しており、明るくてゆったりした空間へと変化が見られます。

osm12

浴室同様トイレでの事故も多いので、冬場は暖房を考えた方が理想的です。

可能な限り、自然換気と採光が確保できるように設計して下さい。
浴室の演出として用意した中庭を挟んで、空間的にも豊かにしたいものです。
その場合は、浴室の窓とトイレの窓からの視線がクロスしない様に配慮が必要です。



設計のポイント
●個人的空間に1箇所、社会的空間に1箇所は最低限必要
●老人室には隣接させる。
●防音、換気には注意を払う。
●将来的な改造にも対応できるように広く取る。
●ドアは折れ戸(内側)または引き戸等を設ける。
   (中で人が倒れたときに開閉が容易)




logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ