地盤が良く無い場合には、まず、地盤改良や杭工事が必要になります。
建物の規模や構造によって最適な方法が選択されているので、その方法により工事を行います。

img01
※画像出典:地盤ドクターより

いくら建物が頑強であっても、
それを支える地盤に必要な耐力がない場合はそこを補強する意味でも大切な工事です。

地盤改良の場合は建物の周囲を含めた工事対象エリア全体に工事を行います。
一方、杭工事では柱の位置等の限定されたポイントの工事となります。

いずれにしても、地盤調査のデータに基づいて設計者に対応を任せましょう!



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ