通行量の多い南側道路からの視線を気にすること無く、
明るい空間で暮らしたい・・・

光道と光庭のある家
駐車スペースを確保すると、南側道路いっぱいまで土地を活用しないとご要望の面積が確保できなかったので、1階の南側を閉じてしまい、上層階のハイサイドライトから光を導く手法で空間を構成してみました。

奥まった場所に配置した居室の前には光庭を用意し、周囲の視線を気にすること無く生活できるように配慮しています。
3

1

2



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ