天井、壁だけではなく床だって灯りを楽しむことができます。

もともと日本の伝統的空間は天井には照明を設けることなく、燭台や行灯で足元を照らす手法が一般的でした。
座る文化をにはこの方法が最適だったと思われます。

その行灯の灯りを床に拡散させる畳を一体となって、艶っぽい灯りの空間を演出しています。
IMG_0229

遊び心を生かした床の照明の例です。
osm12
金魚が泳ぐ水槽そのものが床の照明になっています。


logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅

■ranking:山口ブログ