展覧会のために製作された版画(シルクスクリーン)
これはもはや図面ではなくイメージの視覚化を一つの版画としての芸術作品にしたものです。

磯崎先生の作品のためのテクスト(文章)そのものも難解な表現で有名ですが、
これも建築作品と同様、文章そのものが一つの作品として結晶化したものでもあります。

建築家:磯崎新先生の言葉の引用
「建築の基本コンセプトを抽象化し、視覚化してある。実際にできた建築は三次元的な存在だし、内部に空間をかかえこんでいるから、その見えかたも体験のしかたも違っている。しかし、それが構想されるときには、手がかりとなるひとつの形式を導入せねばならない。版画で表現しようとしているのは、その部分である。だから、建築が、建築家の手からうまれでていくその瞬間のイメージの視覚化といっていい。それと同時に、建築家が自分の仕事をもういちど解釈しなおそうとしている部分もある。」


磯崎新の「還元」シリーズ
OFFICE (BANK)
OFFICE (BANK)

LECTURE HALL -
LECTURE HALL -

MUSEUM -
MUSEUM -

MUSEUM -
MUSEUM -

LIBRARY
LIBRARY

CLUB HOUSE
CLUB HOUSE

※写真出典:ギャラリー ときの忘れ物



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ