首都圏、特に東京23区内の土地価格の高さは驚くほどです。
しかし、価格は売り手と買い手の価値によって決まるものなので
一般的に流通しにくい土地を上手く活用すれば、比較的安価に買い求めることができます。

例えば、旗竿敷地
旗竿と旗の関係のように、細長い延長敷地(竿)は前面道路に接していることで
建築可能な土地になるのですが、一般的な戸建て住宅でしたら、2m以上接道していなければ建築できません。

my1

2m幅の延長敷地では、車を止めると人の通行するスペースがほとんど確保できなくなりますので
車を駐車される方は、少なくても2.5m〜3m以上の幅のある土地を選ぶ方がよろしいと思います。

車を利用されない、あるいは駐車スペースは別でもいいという方は
階段状の道路に接道している敷地も選択肢にいれても良いかと思います。

しかし、工事車両が乗り入れられないために、
工事内容が制限されたり、工事費もアップするので
土地価格と建築価格のバランスを配慮することが大切です。


logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ