建材は通常カタログやネットでざっくりしたイメージをつかみますが
建材はやはりそれなりの大きさのカットサンプルにて確認する必要があります。

床、壁、天井
使う素材の組み合わせを間違うと
部屋全体の調和が崩れてしまうので要注意です。


その際に大切なことは

床材は床に置いて観る
壁材は立てかけて観る
天井材は下から観上げる
外部建材は太陽光の元で観る

つまり使う環境に置いて観るということです。
IMG_0014

カットサンプルも工事現場にて大き目のものを用意してもらうと分かりやすいです。



logomac


■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ