地盤調査結果に基づき、設計者、構造設計者、地盤改良業者との打ち合わせを行い
構造的な安全性に加え、コストバランスの観点を勘案し
「Σ-i工法」と呼ばれる翼付き鋼管杭を採用することになりました。

pamph_sigma

この工法による翼付き鋼管杭の効率的な配置の提案に対して
承認を行い、地盤改良工事に着手です。
地盤改良

これらの工事がしっかり行われて初めて
安定した宅盤として上に建築される住宅を支え続けます。



■建築家からのアドバイス
地盤改良方法にはいくつか方法がありますので、
複数の工事業者さんから工法提案や見積もりを取得し、
建築家と構造設計者に最終判断を委ねるとよろしいと思います。


前ページ<<  >>次ページ


logomac



■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ