完成してしまうと見ることができない景色
特に木造軸組構造の架構風景は美しいものです。

2階建6層のフロア構成を持つ住宅の特徴的な構成が一望できる瞬間です。
 ※中庭を囲んで床が卍状にスキップし続ける構成(パノラマ写真)
IMG_5546

その構成に呼応する形で架構する屋根は
前々回紹介した特殊金物が一つ一つ異なるレベルに固定されています。
IMG_5568
大工さんのご苦労のおかげで、床同様の水平剛性を持った頑強な屋根が出来上がります。

建築ラッシュの地域に位置することもあり
周辺の他の工事をされている大工さん達がこの現場を見学に訪れるほど興味深い架構のようです。


■建築家からのアドバイス
ハウスメーカーや住宅供給会社のTVのCMでは耐震構造の象徴として柱や梁を強調しているようですが、構造で最も大切なのはバランスです。
この建築では構造壁に剛性を持たせることはもちろん
床や屋根といった部位に水平剛性を持たせる構造設計で、
一般基準より高いレベルの耐震性能を持たせています。

前ページ<<  >>次ページ


mac atelier黒



■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ