屋根・壁・床下の断熱性能を高めると同時に
もっとも熱損失の大きい開口部の断熱性能を高めることが大切です。

熱損失の大きい開口部は樹脂窓・ペアガラス・LOW-Eガラスといった断熱性能の高いサッシを使うと良いでしょう。
APW

今回は樹脂窓・ペアガラス・LOW-Eガラスで世界的にも高い性能を持つ
YKKapのAPW330という樹脂窓を使っています。
アルミに比べ樹脂は熱が伝わりにくいので、断熱性能が向上するだけではなく、結露も著しく減らすことができるので、建築主様の希望を満たす製品です。
index_img_vis_01
※画像出典:YKKap https://www.ykkap.co.jp/apw/apw330/detail/


コストは少し高めですが、断熱性能が向上するために
エネルギーのロスが軽減され、ランニングコストが下がるので長い目で見るとお得だと思います。


断熱性を高めるプロセスで、サッシも進化し続けています。

アルミ(複層ガラス)
    ↓
アルミ樹脂複合(複層ガラス)
    ↓
樹脂スペーサー仕様(ガス入複層ガラス) 

近い将来、サッシそのものがディスプレイとして活用できるものなど
サッシのIT化も進んでいるようです。

そんな進化し続ける製品を吟味して取り入れるのも建築家の仕事の一つなので
WEBだけではなく、ショールームでの情報収集も欠かせません。

※新宿ショールーム:一般ユーザー向け
※体感ショールーム:プロユーザー向け


前ページ<<  >>次ページ


mac atelier黒



■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ