完成間近の住宅
クライアントさんに引渡す前に各種検査を行います。

1)工務店の現場監督さんの検査
2)工務店のチェック部門の検査
3)設計監理者による検査
4)クライアントさんによる検査
5)確認申請審査機関による完了検査

これらの検査をパスして、補修等が必要な場所の直しを行って
初めて、クライアントさんに引渡します。

写真は工務店のチェック部門の検査の様子
IMG_6260

仕上げの傷、窓や扉の開閉具合、設備機器の動作具合等を確認します。

また、審査機関による法規的なチェックにより確認申請書どおり施工されているかどうかを検査し、
合格して初めて、検査済証を発行してもらいます。

検査済証

検査済証は確認申請書(副本)と合わせて大切に保存しておきます。
増改築工事の時に必要となります。


前ページ<<  >>次ページ



mac atelier黒



■ranking:設計・建築家  

■ranking:愛犬家住宅・愛猫家住宅

■ranking:山口ブログ