【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ: ■建築家との家づくり

社会主義の理想郷を描いたロシア・アヴァンギャルド達のドローイング 実現こそしていないけれど、後の建築に多大なる影響を与えた強烈なイメージは 一度目にすると心に焼付くほどです。 エル・リシツキー「雲のあぶみ/空中オフィス計画」 ウラジーミル・タトリン「第三 ...

新国立競技場コンペで 我が国でも多くの人が名前を知った建築家:ザハ・ハディッド 彼女の名が最初に建築界に広がるきっかけになったコンペ ビクトリア・ピーク クラブのドローイングです。 あまりの美しさ、躍動感に心を奪われ、これが建築として完成した姿を観たいと ...

近代建築の3大巨匠 ミース・ファンデル・ローエ 「Less is more」 少なきことは豊かなこと という名言を残した建築家です。 徹底的にシンプルにされた空間は、それそのものが芸術作品と昇華しています。 ファンズワース邸 「優れたプランは平面図そのものも美しい」 ...

近代建築3大巨匠のひとり 日本ではもっとも馴染みの深いフランク・ロイド・ライト そのドローイングは建築と連携した絵画といってもいいほど綺麗なタッチで描かれています。 岩の表現等はスケッチを描く際に参考にしたものです。 ■ranking:設計・建築家  ■ranking ...

イメージをカタチにしていく過程で イメージを相手に明確に伝える手段として描かれた絵 ドローイングと呼ばれるとても重要な媒体です。 スケッチのようなものから精密に描いたものなど 使用目的に応じて制作されます。 近代建築の3大巨匠のひとり:ル・コルビュジェの描 ...

ホワイトモデル 白い材料のみを用いて、建築や周辺環境をつくる建築模型のことです。 初期のスタディでも用いることが多いですが、 完成した建築を美術品として展示する際にも活用されます。 ※写真出典:目黒区美術館 真っ白な世界での表現になるので、 小手先の誤魔化 ...

全体のイメージは模型で伝わるけれど 生活シーンのイメージがわかりにくい時は スケッチを併用すると効果的です。 スケッチには人、家具、植栽といった添景を加えると その空間の使い方がわかりやすいようです。 ■ranking:設計・建築家  ■ranking:愛犬家住宅■rank ...

複雑な地形の立地する建築計画はまず地形の把握からスタートします。 そこでコンタ(等高線)に基づいて地形の模型を作り、 その地形と建築との関係を考えていきます。 地形に融合させたり、地形を建築に取り込んだり、地形を修景したりして 環境全体を想像していく作 ...

外観模型は建物の外観が一目で把握できるのですが、内部での生活がイメージしにくいものです。 そこで断面模型(外壁と取り外すと断面が把握できるタイプの模型)が役に立ちます。 デザインされた空間の中に家具や人を配置すると スケール感が掴みやすく、そこでの生活が ...

リフォーム、リノベーションの場合には まず既存の状況を復元し、 構造的に必要な床・壁・柱・屋根等と撤去できる部位を整理しながら、 新しい機能と快適性を創出するためのシミュレーションとして模型を造ります。 壁や建具等に加え、造作家具や置き家具等についてもスタ ...

コンセプトモデル モーターショーではコンセプトカーが登場するように コンセプトとなるメッセージを強調したコンセプトモデルをよく作ります。 私の設計スタイルでは、いきなり平面図を組み立てるのではなく 「3次元の間取り」と言える空間構成を考えるところからスター ...

建築模型と言えど、目的によって作り方や表現方法も変わります。 模型製作のプロがつくる精巧なものから、 建築家がイメージをスタディするラフなものまで、多種多様です。 アトリエで展覧会用に作成した、ジオラマに近いコンセプトモデルです。 木立に建つ建築と樹木の ...

木立にはやはり薪ストーブが似合います。 最近の薪ストーブは燃焼性能が向上しているので、着火時に少し煙が出る程度で 常時は煙や匂いで近隣に迷惑をかけることが少なくなりました。 そんなわけで、都市部でも薪ストーブの導入も増えています。 デザインもクラシックなも ...

天井、壁だけではなく床だって灯りを楽しむことができます。 もともと日本の伝統的空間は天井には照明を設けることなく、燭台や行灯で足元を照らす手法が一般的でした。 座る文化をにはこの方法が最適だったと思われます。 その行灯の灯りを床に拡散させる畳を一体となって ...

天井での間接照明のほか、壁面での間接照明もモダンな空間にはよく似合います。 既製品の間接照明器具を建築化して、壁面全体を照明装置としています。 ブラインドやカーテンにスポットライトを当てて壁面間接照明とすることもできます。 この方法は手軽にできるだけでは ...

↑このページのトップヘ