【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ:■WORKS > project

観劇・鑑賞のための桟敷席 住宅においても設置することがあります。 眺望の良い屋上に設けた桟敷席 そして、屋内のリビング(シアタールーム)にも観賞用の桟敷席から 巨大な壁面に投影された映像が楽しめます。 スキップフロアによる段差は まさに快適な視界を確保す ...

LDKの使い方は 家それぞれ ライフスタイルの差がでるようです。 「リビングに大きなソファを買ったんだけど ダイニングのテーブルの方が家族だんらんの場所として定着して リビングはシアタールームになってしまいました。」 そんな住まい方に対して提案したのは 家の中 ...

白と黒の家にしたい! 時には色に対するリクエストを重要視される方もいらっしゃいます。 自宅で仕事をされているために、 アイキャッチ効果を意識された要望だったようです。 敷地もリクエストも様々 これだから住宅の設計は面白い! ■ranking:設計・建築家  ■ ...

人の脳は 見るものを顔に見立てる癖があるそうです。 町を歩いていると、雲や樹木や家のカタチに人の顔を見出すのは そんな理由があったんですね。 斜線制限という規制の中で、要望を形にしていくと 時として、顔のようなカタチをみつけることがあります。 ダースベイダ ...

家はやはり個性的な存在です。 敷地も異なれば、住み手のライフスタイルも異なるのだから 標準的でなくてもいい 趣味の絵を描く そしてそれを展示するギャラリーがある 自分の家なんだから、好きに住まうんだという建主の心意気に 建築家が応える そんな家づくりはとて ...

LDKではなく、L+DK クライアントさんは リビングはシアタールームとして使いたいので ダイニング・キッチンとは分けたカタチでのライフスタイルを希望されていました。 縦長の敷地で、北側以外の3方向を建物で囲まれた環境において効果的な中庭(光庭)を リビングとダ ...

日本の伝統的空間である 大屋根、土間、縁側、坪庭 これらに強い憧れをいだかれているクライアントさんの夢をカタチにした計画です。 民家の大屋根に憧れつつも、屋上に小さくてもいいからルーフテラスが欲しいとのことで 特徴的な屋根になっています。 土間のある空間は ...

日本の伝統的な空間様式が 現代的な価値を付加しつつ再構築されているケースが増えています。 土間、縁側、深い軒 先人達の知恵に学ぶところが多いものですし、 また我々建築家は新しい価値を後世に残す工夫をしていくべきなのでしょう。 都市部でプライバシーを確保しつつ ...

子供の頃、生まれ育った自然豊かな地域に別荘を建てたい! 都市部ではマンションで暮らし、自然豊かなエリアで別荘ライフをエンジョイしたい そして、仕事を引退したらそちらに移住するというライフプランを持たれている方が 最近増えているように思います。 敷地は正面 ...

周囲を建物で囲まれた旗竿敷地 そんな環境の中で光溢れるリゾート感覚の家に住みたいとの要望をいただきました。 コテージをイメージした2つの3角屋根のあるブロックを 少しずらすことにより双方ともに南に直面させ、 さらにハイサイドライトから採り込む光を家中に配し ...

住戸内からの優れた眺望が期待できない環境で住空間のプライバシーを確保するために 独立した家型の壁を設け、その内側に新しい風景を創出する工夫をしています。 その風景を創出した中庭で醸成された新鮮空気を吹抜けを活用して家全体に取り込んでいます。 天空からも吹 ...

愛犬には適した空間の大きさがあります。 中間階に設けた階段の踊り場からアクセスできる愛犬専用の居室・トイレは 愛犬達にとっては程よい空間の大きさであると同時に 通常の階高さを2層分に使えるメリットもあります。 愛犬達の居室にはエアコン、換気扇、汚物処理設備 ...

リビングで勉強している子供は東大合格率が高い!? そんな説が一般化してきた所為か 子供室に篭ってしまうことのないよう 寝るため、収納のためだけの最小限の空間にして その代わりにリビングを充実させようとする考え方が増えてきました。 LDKに面した場所に3帖の3つ ...

パブリックとプライバシーを明確に分けたい LDKのような共用空間では家族の交流を大切にしたいけど、 書斎や個室については独立した場として住まいたいとの要望を叶えるために、 プライベート空間は個室と個室を隣接させないように空間を構成しています。 中庭や吹け抜けを ...

通行量の多い南側道路からの視線を気にすること無く、 明るい空間で暮らしたい・・・ 駐車スペースを確保すると、南側道路いっぱいまで土地を活用しないとご要望の面積が確保できなかったので、1階の南側を閉じてしまい、上層階のハイサイドライトから光を導く手法で空間 ...

↑このページのトップヘ