【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ: ■WORKS

・・・はじめまして。 HP内WORKSの中のスロープの家/愛犬家住宅の土地の大きさと建築費を参考までに教えてください。 犬のために住み替えを考えており、建築費用から土地の取得場所と大きさを考えたいと思っています。 宜しくお願い申し上げます。・・・ スロープの家を紹 ...

都市居住においてプライバシーを確保する手法としては 中庭を囲んだ構成が効果的です。 周囲の視線を気にすることなく、 自分たちのライフスタイルを楽しみたい! という要望をカタチにしてみました。 コートハウス(中庭を囲んだ家)で 内部でも外部でも立体的に回遊で ...

空間構成と植栽の配置で パッシブな熱環境コントロールが可能です。 涼気を醸成する緑や深い庇 温度差による空気の対流を生む吹抜け それらを実現するための断熱・遮熱性能 そんな組合せで、機械の依存を減らすことも大切な考え方でです。 ■ranking:設計・建築家 ...

海近くの河川沿いの緑道には桜並木がよく似合います。 そんな環境で家を建てる時は、まず高潮対策と眺望です。 高潮対策として基礎を通常より高めにするように配慮しています。 そのために、各階のフロアレヴェルが高くなるので眺望には最適なのです。 沿道の桜を敷地 ...

桜満開の東京 この季節になると街中に華やかな空気が漂います♪ そんな桜並木を望む敷地に建つ店舗併用二世帯住宅の計画です。 1階の店舗から 2階のLDK、ルーフテラスから 3階の主寝室から すべてのフロアから桜並木を望めるように空間を構成してみました。 この季 ...

敷地に余裕があれば平屋という選択肢も考えられますが、 都市部で愛犬たちが自由に立体的に移動できる家を望むなら やはり「スロープの家」が理想的なように思います。 私の仕事の中では「スロープの家シリーズ」の第2弾となる「スロープの家-卍」では 1/4階ずつスキッ ...

ブログタイトルどおりの住宅の計画です。 愛犬が約1000万頭 愛猫が約1000万頭 最近の猫ブームで愛猫の数が愛犬を越してしまいそうな勢いです。 最近手がけるペット共生住宅では 愛犬と愛猫の両方と一緒に暮らすという家が増えてきています。 「一緒に暮らす」と ...

最近ではめっきり少なくなってきた和室 でも、フレキシブルで床に座る文化を大切にする人々には 欠かすことのできない存在です。 ハレとケという日常、非日常が住宅に求められていた時代には 二間続きの和室がとても重宝されていました。 襖を閉じると二つの個室になり ...

都市計画家:ケヴィン・リンチは著書の「都市のイメージ」の中で 都市の形態が人々に何かしらのイメージを想起させることを「イメージ・アビリティ」と言っています。 「まちかど」に建つランドマークのような建築は、 まさに「イメージ・アビリティ」の高い存在であります ...

本棚に包まれた生活を望まれる本の愛好家は多いように思います。 電子書籍やネット配信による情報が多い現在でも 本の存在感や匂いは魅力の一つのようです。 LDKの両サイドを本棚や収納で占有するために 東側に用意した全開放サッシと連続する庭は空間の広がりを演出するよ ...

二世帯住宅で配慮しなければいけない問題の一つに 生活時間帯の違いによる音の問題があります。 たとえば、 上階の浴室の下に寝室を配置すると、排水音等が気になることもあります。 そんなトラブルを軽減する意味でも、水周りや寝室は上下で揃えるといいでしょう。 外観 ...

住宅と言っても 一戸建ての住宅、二世帯住宅、集合住宅、店舗併用住宅・・・ 住まい方の多様化に伴い、種類も多様化しています。 今回のプロジェクトは 既存の歯科医院の規模拡大と住まいを併設した計画です。 併用住宅の場合は、動線をどう分離するかがポイントで 住ま ...

屋根裏部屋・・・ なんと魅力的な響きでしょう♪ パリのアパルトマンの最上階 男の隠れ家 傾斜天井の空間 そんな魅力的な空間でもあります。 我が国においては 斜線制限の関係で屋根裏的な空間利用を余儀なくされることもありますが そこには夢があります。 母娘がお住 ...

高度斜線、北側斜線・・・ とかく都市部は建てにくい 日影規制のない規模の建築にもいろんな高さの規制がかかってくる バリ島のように周囲の樹の高さを超えない! といったアバウトな規制で充分のようにも思えるのだが・・・ 第一種高度地区という 0.6/1+5mという規制 ...

迷いが払拭されない場合は 可能性を模索し、比較することで判断の材料にします。 前日のスクエアなタイプに対して 斜線制限ギリギリで計画した片流れ屋根での計画です。 屋根が鋭角的になった分 シャープさはより強調されることになりました。 同じ敷地 同じ条件で ...

↑このページのトップヘ