【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ: ■ペットと暮らす家づくり

スロープの家シリーズ(愛犬家住宅)も今回で第3弾が竣工します。 クライアントさんのご厚意により、オープンハウスを開催することになりました。 住宅内でスロープを体験することのできる貴重な体験ができますので、 この機会にぜひご参加ください。          ...

新しい敷地での可能性を探り続けて、たどり着いたのが「スロープの家・CUBE」 コアとなる正方形の「CUBE」をコの字型にスロープが取り囲む形態を選択しました。 屋外から室内へ、そして室内からルーフテラス(囲まれたドッグラン)へとスロープでアクセスできるプ ...

東京周辺の土地価格はとても高価です。 都心においては建築価格よりも土地価格の方が高価な場合も多いので、 弊社では、少しでも土地価格を安く購入することで、総予算の中から建築にかける費用割合を高めるようにサポートています。 お付き合いのある不動産会社にお願いし ...

クライアントさんが「散歩コースに売地を見つけたので地元の不動産屋さんに話を聞いてみました」との連絡をいただきました。 僕の土地探しをサポートしてくれる不動産会社にも、その土地のことを調べてもらったところ すでに、買手が不動産取得に向けて交渉中(ローン審査中 ...

私たち建築家は、ハウスメーカーと違ってモデルハウスを有していません。 特に「愛犬家住宅のためのスロープ体験」となると、事例がほとんどないために体験する場所が限られてしまいます。 そこで、クライアントさんのご好意により 実際に設計監理した物件の竣工前オープンハ ...

建築基準法や条例により敷地にはいろんな規制があります。 特に高さに関する規制は周辺環境に及ぼす影響が大きいので、細く規定されています。 今回のスロープの家では高度斜線制限が特に影響が大きかったので、 半地下の部屋を計画しています。 実際に設計経験のある私に ...

スロープの勾配は建築基準法で下記のように定められています。 建築基準法施行令第26条(階段に代わる傾斜路) 1項 階段に代わる傾斜路、次の各号に定めるところによらなければならい。    1号 勾配は、1/8をこえないこと。 垂直距離1mを登るのに8mの水平距離が ...

弊社へのオファーは、電話またはメールでくることがほとんどで、 今回も含め、スロープの家シリーズは全てがメールからスタートすることになりました。 今回はスロープの家を希望されるご姉妹とラブラドール2頭が暮らす家ということですが、 他のスロープの家シリーズと違 ...

愛犬家住宅(スロープの家シリーズ)第三弾の工事がスタートしました。 来春2018年には市川市にスロープの家・CUBE(大型犬)が竣工予定です。 地鎮祭風景 2003年4月に学習研究社から発行された犬と住む家 vol.2の企画:誌上コンペ「ミニチュアダックスフントと住む家」 ...

弊社が手がけるスロープの家シリーズ part2 となる 住宅: スロープの家・卍が オンラインコミュニティーサイト<Houzzツアー>で紹介されました。 愛犬・愛猫と人とが暮らすための工夫を随所に盛り込んだ住宅です。 ぜひ、ご覧ください 愛犬、愛猫が健康に、幸せに暮ら ...

愛犬や愛猫と暮らす家では、留守中であってもエアコンをつけておく必要があります。 人もペットたちも快適に暮らすとなると、亜熱帯化している日本においてはエアコンのない生活はかなり無理が生じてきます。 そうすると電気代が気になるところです。 電力提供業者の自由 ...

人も動物も生きていく上で必要な居場所 そんな居場所を用意してあげることが必要不可欠です。 でも、快適な居場所を意図して用意するというのはとても難易度が高いことです。 個体差もありますし、生活環境によっても異なります。 また、居場所と言っても目的により異なり ...

愛猫の爪とぎで壁がボロボロになるという悩みをお抱えの方がたくさんいらっしゃいます。 動物たちの扱いに精通されているプロの方ならば、愛猫に爪切りやしつけができますが 一般的な飼い主さんにはなかなかハードルが高いようです。 そんな愛猫家のためには建材での工夫も ...

愛猫と暮らす家で必ず考えなければならないのが「爪とぎ対策」です。 爪とぎといいう行為は愛猫の習性で、3つの意図があるようです。 1)古い爪を剥がして鋭い状態を保つ 2)匂いをつけて自分の縄張りをアピールする 3)ストレスを解消する そんな愛猫たちは、柱、壁の ...

私の設計している愛犬家住宅「スロープの家シリーズ」ではスロープの勾配を1/8としています。 つまり1m昇ぼるのに8mの水平距離を必要とする勾配です。 建築基準法では「階段に代わる斜路」の勾配を1/8以下と定めていますので、法令を遵守した勾配でもあるのです。 ...

↑このページのトップヘ