【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ:■ペットと暮らす家づくり > 愛猫と暮らす家

愛犬や愛猫と暮らす家では、留守中であってもエアコンをつけておく必要があります。 人もペットたちも快適に暮らすとなると、亜熱帯化している日本においてはエアコンのない生活はかなり無理が生じてきます。 そうすると電気代が気になるところです。 電力提供業者の自由 ...

キャットウォークは欲しいけど、大規模なリフォームは無理 あるいは賃貸マンションなので改造は・・・ そんな悩みを解決出来る商品もあります。 強化ダンボールを使った簡単に組み立てのできる「ニャンダフル・シェルフ」はオススメです。 紙製のフレーム以外は自由に組 ...

屋内飼育が今や一般化してきた愛猫の生活環境の中で 立体的な移動は欠かせません。 ステップやキャットウォークはそんな愛猫の本能を満足させるアイテムで ストレスや運動不足解消ののためにも是非とも用意したいものです。 キャットウォークは幅10㎝〜15㎝もあれば身体能 ...

日本を代表する窓のメーカー:YKK ap そのCMでは猫と窓辺の関係が上手く表現されています。 猫は家の中で快適に過せる場所をみつける天才 窓辺の日溜まりの中で過す時間を楽しんでいる姿を見るとわかるような気がします。 好奇心の強い猫は室内という安全を確保された空 ...

コミニケーションの基本は目線を合わせること 愛犬でも愛猫でも、目線を合わせつ工夫を可能な限り取り入れています。 スキップフロアを半階上がると、約2mの高さに用意されたキャットウォークがカウンターの高さに変わり、愛猫から人間に目線を合わせることができます。 ...

愛犬にも適したサイズの居室が必要なように 愛猫にもそんなスペースが欠かせません。 狭いところに入りたがる本能があるようです。 この本能を活かした快適な居住空間を用意してあげると喜んでくれるようです♪ 写真出展:ペット生活 「猫が人に飼われず野生で生活してい ...

愛犬に比べ、愛猫のトイレは少しデリケート プライバシーに配慮が必要です。 排泄している状態が無防備になるので どうしても隠れるようにして用をたす傾向があります。 既製品のトイレをそのままどこかに配置するのではなく ボックス状のトイレユニットを用意してあげると ...

愛猫に欠かせない生活習慣「爪とぎ」 いろんな爪とぎグッズが販売されていますが、やはり空間をスッキリとまとめるためにも 爪とぎ専用柱も建築化することをお勧めします。 構造体となる柱でもいいですが、 必要に応じて構造的に必要ではない柱を用意して縄を巻き付けてあげ ...

愛猫との快適な暮らしは室内飼いが理想です。 愛猫、そして飼い主の安全・健康のためにも是非とも実践して欲しいものです。 愛猫が室内生活でストレスを感じさせないように立体的な運動環境を用意するのと同時に 外を眺めることの好きな愛猫のためにも、窓を用意してあげま ...

パブリック と プライベート 住宅において分類される概念です。 これは人間だけではなく 愛犬や愛猫においても同様に成立するように考えます。 愛犬や愛猫が一緒に遊ぶ場所もあれば、食事、睡眠、排泄だけではなく 干渉されたくない時間を過せる場所も用意してあげるべきだ ...

このシンポジウムのサブテーマは 「ペットとの暮らし社会インフラはどうあるべきか」 というものでした。 建築家という立場からハードなインフラに言及したのですが、 違った側面の社会問題や阻害要因を上手く組み合わせることで 新しい社会インフラの構築になりえないか? ...

ペットのトラブルは、1)鳴き声 2)糞尿 3)抜け毛 4)ゴミ処理 となっています。 ベランダではこの問題を誘発するだけでなく、ペットにとって危険な場所でもあります。 ベランダでペットを飼った場合には、犬の場合は鳴き声の問題があります。 犬の縄張りは、住居 ...

シックハウス症候群という言葉をよく耳にします。正式には化学物質過敏症という病気のことですが、この原因は、接着剤、塗料、白蟻駆除剤等に含まれる化学物質である、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、有機リン等が蒸発し、室内の空気汚染によるものです。 症状として ...

愛猫は安全を確保するためにも室内飼いが基本ですが だからこそ、室内には遊びの要素が必要になります。 また愛犬と一緒に暮らす場合は、動線を分けることも必要になりますが、 特性を生かして立体分離が望ましいようです。 専用階段からアクセスできる「愛猫の路」を設け ...

トイレの躾は、空間を限定してあげると分かりやすく、 また、排泄時は無防備状態となるので、 愛犬や愛猫達にとっても護られた空間が望ましいようです。 臭気が篭らないように、換気設備を設けてあげましょう! 高さは必要ないので、上部はペッドグッズの収納にしておくと ...

↑このページのトップヘ