【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ:■ペットと暮らす家づくり > 愛犬と暮らす家

愛犬や愛猫と暮らす家では、留守中であってもエアコンをつけておく必要があります。 人もペットたちも快適に暮らすとなると、亜熱帯化している日本においてはエアコンのない生活はかなり無理が生じてきます。 そうすると電気代が気になるところです。 電力提供業者の自由 ...

愛犬家といえど 匂いが気になることもあるし、干渉されない空間も欲しい・・・ そして 完成して住んでみたけど、匂いが気にならないです。 愛犬と快適に暮らす工夫が随所に見られ、 希望の一人の時間を楽しめるオーディオルームも快適です♪ 帰宅がいつも深夜になるの ...

ペットの専門店コジマのフリーペーパー PETS NAVI 2016春夏号VOL.7 「特集:ペットと暮らす」 に連載(3回)することになりました。 電子ブックはこちら>>> 連載1回目の今回はP46〜P47で 愛犬住宅のツボは床づくりにあり という記事を載せています。 家族の一員で ...

中庭は魅力的な屋外空間ですが 夏の日射しは垂直に近い角度で入ってきますので そこでの日射し対策は必要になってきます。 シェードとなるオーニングを活用したり 樹木で木陰を作ったり 人と同様、愛犬達にも熱中症対策は欠かせません。 ■ranking:設計・建築家  ■ ...

動物は縄張り意識を持っています。 愛犬も縄張りに侵入していくる他者に対して警戒心を抱くので 外の世界から守られた環境を用意してあげることが大切です。 中庭や囲まれた庭のように プライバシーの確保された空間は人だけでなく、 愛犬たちにとっても安心してくつろげる ...

我が国では屋内では靴を脱いで生活する文化であることから 屋内外を裸足(肉球)で生活する愛犬と一緒に屋内で生活する習慣が定着したのは最近のことです。 そのため、愛犬は散歩から帰ってくると 足を洗ってから屋内に入るように、入り口付近に足洗い場が必要になります。 ...

室内の床同様に屋外のグランドの素材も気になるところです。 ドッグランのある場所が どのような環境なのかによっても選択肢が変わってきます。 気候、日当たりの状況、潮風の影響などを勘案し 足や関節に優しく管理しやすい素材を選ぶことが大切です。 一般的に使用され ...

庭や屋上にドッグランを希望されるケースが少なくありません。 その場合には大切なのが安全性の確保です。 犬種にもよりますが、 ボルゾイやボーダーコリーのように脚力に優れた愛犬の場合は、 高さ1200程度の一般的な柵なら簡単に飛び越えてしまうほどです。 しかし、愛 ...

interpets インターペット 人とペットの豊かな暮らしフェア 3月31日〜4月3日の4日間で大変多くの愛犬家・愛猫家と話ができました。 愛犬との暮らしを大切に考えていらっしゃる人達の 一番の興味の対象は やはり「床」 滑りにくい、掃除がしやすい、取り替えも容易、 ...

敷地に余裕があれば平屋という選択肢も考えられますが、 都市部で愛犬たちが自由に立体的に移動できる家を望むなら やはり「スロープの家」が理想的なように思います。 私の仕事の中では「スロープの家シリーズ」の第2弾となる「スロープの家-卍」では 1/4階ずつスキッ ...

小型犬に限らず、大型犬であっても 二足歩行の人間の使う階段はやはり急勾配です! 理想のスロープが使えない場合でも 緩やかな勾配の階段にすることは必須であると思います。 今回の計画では「踏面:300mm・蹴上:150mm」という 屋外の公共施設でも使われているサイズの階 ...

ありそうで、なかなか無いのが愛犬家専用マンション ペット可は少しずつ増えていますが やはり、建築も管理規約もしっかり整備されたものは稀だと言ってもいいほどです。 愛犬に理解のあるオーナーの資産活用として計画しました。 1階にはペット関連ショップのためのスペ ...

二世帯住宅で配慮しなければいけない問題の一つに 生活時間帯の違いによる音の問題があります。 たとえば、 上階の浴室の下に寝室を配置すると、排水音等が気になることもあります。 そんなトラブルを軽減する意味でも、水周りや寝室は上下で揃えるといいでしょう。 外観 ...

LDK(リビング・ダイニング・キッチン)というスタイルが普及した時から 台所は独立してものではなく、食事室(ダイニング)に併設されたものとして一般化しています。 換気設備や防火仕様が手軽にできることも相まって キッチンは家の中心としての地位を占めると言える存在 ...

建築家情報サイト:KLASICで 以前に手がけた「スロープの家・SPAIRAL COURT」が紹介されています。 http://www.klasic.jp/article/detail/966 いつもはブログやfacebookで自分の言葉で説明していますが、 第三者のライターの方が書かれた記事は、設計者としても新しい発見 ...

↑このページのトップヘ