【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ:■建築家との家づくり > 土地探し

家づくりや不動産購入にはとても多額のお金が必要になります。 不動産の買い替えには 新規購入と所有不動産売買までのタイムラグを補うために、「新規ローン」や「つなぎ融資」等も検討ことも必要です。 金融の専門家ではない私の場合は 餅は餅屋ということで、ファイナン ...

ボリュームチェック 土地を購入する前に、自分たちがイメージする規模や構成のプランが法的に成立するかどうかを確認する過程です。 建築関連法案を熟知している建築家はそれらに対応できますので、相談するといいでしょう。 ときどき土地情報に参考プランが添付されている ...

中古物件を探してリノベーションを考える場合 対象物件は見た目だけで選ぶのではなく、 利便性、合目的性、使い勝手等とあわせて、その物件の適法状態、劣化状況(構造、仕上、設備)を検討する必要があります。 この辺りは、プロの建築家にご相談いただけるとよろしいかと思 ...

敷地の持つ魅力を発見する プロとして敷地購入のアドバイスをするには 敷地の持つポテンシャルを見出すことなのだと思います。 そのためには、敷地だけを見るのではなく 周辺環境 周辺から見た敷地 敷地の中から見た周辺等 視線を変えてみることがお勧めです。 ここでは敷 ...

土地探しの目的 家を建てたい そこで事業をはじめたい・・・ いろんな目的があると思いますが、そこで大切なのがバランスです。 立地がいい、眺望がいい、利便性がいいからといって 想定外の金額で土地を購入してしまうと、建築費に無理が生じてきて 目的の達成を困難にさ ...

価格交渉が纏まってきたらいよいよ購入契約です。 購入手続きの前には、その不動産に関する重要事項説明が義務付けられていますので 仲介をしてくれている不動産会社の担当者から説明を受けます。 購入を検討している際に入手した情報と食い違いはないか? 想定外の条件等 ...

いよいよ候補地を購入しようという気持ちが固まってきたら、 不動産屋さんにその旨を伝えて、購入手続きに着手します。 その際に重要なことは、希望する金額に近づけるように土地価格交渉をしてもらうことです。 価格とは売手と買手の双方がいてこそ成立する価値交換システ ...

土地探しで最も重要なことは、目的を明確にすることです。 家づくりのための土地探しというタイトルですが、もっと具体的なイメージを持つことです。 そのイメージとは、住まい方のビジョンと予算のことです。 しかし、一般的には希望する住まい方がその土地で可能なのかど ...

土地情報の見方 まずは土地価格の相場感をつかむこと 複数の土地情報を見たり、土地価格情報のサイトでざっくりと掴んでおくことです。 http://www.tochidai.info/ そうすることで、異常に安い土地を見つけた際に その価格の背後に潜む訳を推察することができます。 例え ...

土地探しの基本は、やはり情報収集 一般の人でもインターネットでかなりの情報を収集することができます。 しかし、インターネット情報は更新がなされていない情報も含まれているので、ネットでの情報収集は相場観を知ったり、自分の希望の目安として活用しましょう。 その ...

既存の建築物や擁壁について確認申請や検査がちゃんと終了しているかどうかが その土地や中古建築物での新しい計画にとても影響を与えます。 一般的に建築を建てる場合や工作物を設置する場合には確認申請を行い、確認済証を発行しないと建設ができません。 さらに、そのと ...

周知の埋蔵文化財法蔵地というものがあります。 これは埋蔵文化財を包蔵する土地として周知されている土地で 文化財保護法第93条第1項に明記されています。 一般的には市町村の教育委員会が作成する遺跡地図および遺跡台帳において知ることができますので、事前に確認して ...

首都圏、特に東京23区内の土地価格の高さは驚くほどです。 しかし、価格は売り手と買い手の価値によって決まるものなので 一般的に流通しにくい土地を上手く活用すれば、比較的安価に買い求めることができます。 例えば、旗竿敷地 旗竿と旗の関係のように、細長い延長敷地 ...

ハザードマップが行政情報として提供されているので事前に活用すると良いでしょう。 また地盤調査会社から提供されている情報も合わせて確認することで 事前に災害に備えることが可能です。 浸水、土砂災害、道路規制、揺れやすさ、活断層、液状化・・・ 現在わかる範囲の情 ...

都市郊外では住宅地を得るために丘陵地を造成した場所が多く見られます。 斜面を切り盛りし、宅盤を維持するためにブロックやコンクリートの擁壁を設け 広大な宅地を開発した住宅地が成立しています。 そこで注意したいのが「擁壁」 2m以上の擁壁は確認申請(工作物)が必 ...

↑このページのトップヘ