【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

カテゴリ:■建築家との家づくり > 設計に必要な情報

家づくりというと、どうしても気になるのが建築費用 新聞では連日のように東京五輪特需による建設費の高騰に関わる記事が掲載されるほどですから、 建築主はもちろん、我々のような家づくりのプロもヒヤヒヤしている状況です。 建築資材の高騰に加え、人手不足による人件費 ...

見積をチェックしていて悩ましいのが 株や為替同様に、建設物価も変動しているということです。 1年前に同じ工務店から取得した見積から判断しても 20%もアップしていたりします。 また、数社から相見積りを取得すると 予算が3500万円くらいの物件で、3900万円〜5000万 ...

建材は通常カタログやネットでざっくりしたイメージをつかみますが 建材はやはりそれなりの大きさのカットサンプルにて確認する必要があります。 床、壁、天井 使う素材の組み合わせを間違うと 部屋全体の調和が崩れてしまうので要注意です。 その際に大切なことは 床材 ...

仕様や仕上げについては 機能的要因、趣向的要因、経済的要因によって決めていきます。 例えば、ペットの匂い、滑りにくい床、調湿、断熱、遮音・・・ それに対応した建材もたくさんありますので、選ぶだけでも一苦労です。 機能が優れていても、デザイン的には似つかわし ...

使い勝手 これも人それぞれ 千差万別な感覚です。 例えば、キッチンの高さ 一般的には850mm程度なので、 賃貸住宅等のように住まい手が特定の人に限定されない場合に使われますが、 注文住宅では住まい手が使いやすい高さで設計します。 実際にショールームに出かけて、 ...

言葉ではなかなか伝えられないのが感覚的なことです。 広い 狭い 暑い 寒い 明るい 暗い 匂う 匂わない 気にいる 気に入らない このような感覚は人ぞれぞれ そして、その感覚は正確に他人に伝えることができません。 そんな感覚の違いを埋めるには、疑似体験をするし ...

「こだわり」や「夢」と同じように大切なことが 家族のライフスタイルです。 このライフスタイルは時間とともに変わっていくものでもあるので ある程度の可変性をもたせるべきだと思います。 例えば、 幼少期の子供たちの部屋は、思春期には仕切ることができるようにする ...

寒くない家にして欲しい! 明るい家にして欲しい! 収納をたっぷり取って欲しい! 家づくりのご要望ベスト3と言ってもいいでしょう おそらく、多くの建築家は普通に設計する場合には配慮する内容だと思われます。 そこで伝えるべきことは 「こだわり」や「夢」なのです ...

土地と資金の計画がまとまると いよいよ建築の核心に触れていく過程に入ります。 もちろんこれらの行為は同時に進めることが可能です。 私の場合、最初にヒアリングで尋ねることは 土地を買われた場合には、なぜその土地を買ったのか?という理由です。 交通の便が良い、 ...

家づくりは人生で最も高価な買物といわれるように、費用がかかります。 そのためにも家づくりに関わる予算を検討する必要があります。 特に、大半の費用をローンで賄う場合は いったい月々の支払の中で、家づくりの費用としてどの程度必要なのだろう?という疑問が生じると ...

さて、建築家に設計を依頼するのだけど何を準備しておけばいいのだろう? ほとんどの人が初めての経験なので分からなくて当然です。 家は土地がなければ建築できませんから、 まず土地に関する情報です。 住所(住居表示、地名地番)がわかれば、建築家の方でその土地に ...

↑このページのトップヘ