実施設計に着手する前に、まず着手しなければならないのは「現況測量」 敷地面積はもちろんですが、 敷地および隣地との高低、道路やインフラ設備との関係、電信柱や側溝の位置、既存塀の状況、隣接する家のアウトラインや窓の位置を測量することで、正確に設計ができるもの ...