【家づくり設計情報室】 愛犬・愛猫と快適に暮らす / 建築家:前田敦

こだわりのある注文住宅、愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、ペットと暮らす共生住宅などの家づくり設計情報図書館

タグ:高度斜線

都市部では厳しい高さ制限という規制により、空間を斜めに欠き取られます。 その結果、屋根裏部屋のような斜めの屋根の空間を創出することが多々あります。 特に、1.25/1という第二種高度斜線という規制下では 51.34度という急勾配の屋根?or壁?という「曖昧な存在」によ ...

高度斜線、北側斜線・・・ とかく都市部は建てにくい 日影規制のない規模の建築にもいろんな高さの規制がかかってくる バリ島のように周囲の樹の高さを超えない! といったアバウトな規制で充分のようにも思えるのだが・・・ 第一種高度地区という 0.6/1+5mという規制 ...

人の脳は 見るものを顔に見立てる癖があるそうです。 町を歩いていると、雲や樹木や家のカタチに人の顔を見出すのは そんな理由があったんですね。 斜線制限という規制の中で、要望を形にしていくと 時として、顔のようなカタチをみつけることがあります。 ダースベイダ ...

建築物の高さ制限の中で、もっとも厳しいのが第一種高度地区による規制 垂直方向へ5m立ち上がったポイントから 真北方向へ1.0m/0.6mという勾配の斜線範囲内において建築可能というものです。 多くの建築物がこの斜線規制により欠き取られた勾配屋根になっていますが、 その ...

都市部においては、高度斜線等の法規制が厳しく 勾配屋根を余儀なくされることが多々あります。 特に3階建ての場合は、斜線規制により北側の空間が欠き取られてしまうことが多く 左右対称な勾配の家型(切妻)にしてしまうと南側必要な空間が確保できません。 それでも家 ...

「高度斜線で北側が斜めにカットされるのはわかっています  でも、外観はスクエアなものにこだわりたいんです。」 一見すると矛盾したクライアントさんからの要望でしたが、 敷地を調査すると道路側の壁一枚分ならば高度斜線の規制を受けないことがわかりました。 そう ...

都市部では法令や条例によって、日影、高さ制限、高度地区等の規制を設け、 より良好な環境を創出しようとしています。 そんな規制をそのまま形に活かした音楽練習室のある住宅の計画です。 東西に細長い敷地の場合、真北からの高度地区による規制の影響が大きく、 ...

都市部では高度斜線という建築物の高さを規制する法律があります。 周辺の日照環境を阻害しないためのものですが、 とても厳しい規制なので、天井高さがなかなか確保できないこともあります。 そんなときに天井いっぱいの天窓を活用することで、 明るさに加えて天井高さに余 ...

↑このページのトップヘ